今回は「すこし、趣向をかえて、カラーについて話したいと思います。
私はカラーコーディネーターの1級をもっていまして、そのカラーを使った涼しさを考えます。
みなさんも、知っている通り、涼しくなるためには、
寒色がいいと。特に、ブルー系の薄い色、パステルカラーというものです。

実際にいろんな研究がされ、2~3度は涼しく感じられると結果がでています。
工場とか、事務所では、壁の色をそうするだけで、クーラーの温度をあげずにすみます。

それと、もう1つ、ブルーのもつ、人間の目に与える影響です。
ブルーをみると、人間は、副交換神経が優位になり、おちついてきます。
気持ちも冷静になり、沈静効果などがあるようです。

部屋で、落ち着きたい場合、なるべく、暖色系の色は使わず、ブルー、グリーン系を使ってください。

それと、人間の皮膚というのは、色を感じれるという研究もあります。
体に着る服やアクセサリー、小物、寝具などで、
人間の感情が、変わってくるということです。
ですから、色の好みで、性格、行動がわかるという人もいます。

シーツの色も、重要なので、じっくり、選んでください。

売上ランキング

サプリメントインストラクター認定書

最近のコメント